top of page
検索
  • 執筆者の写真工藤 茜

湿気に負けないサラッサラ髪〜

 こんにちは!ナレーターの工藤茜です。

顔出しもしていこうと決意した矢先、

サロンモデルをさせていただきましたので、レポートを書きたいと思います。


 10年程前に結婚するから別のサロンに務めるので、また連絡するね!と言ったきり疾走したのが、私の担当美容師"サキさん"。


 そして、昨年?私の行きつけの美容院にスタイリスト見習いとして、突然現れたのがこの"サキさん"。


「10年前は、携帯電話の水没で顧客情報無くしてもう最悪だったんだよ〜」と話す。


そんなサキさんからご依頼いただいたのが、今回のモデル事案です。



もう何年も前に被写体修業で撮影会モデルをしていたことはありましたが、久々な上に、サロンモデルはだいぶ特殊だと感じました。


まず、大前提として髪を見せたいので、ポーズを決めたら髪を全力でセット。そして、目と表情だけでニュアンスを作る。私には少し風があるくらいの方が気が楽でした。


それを繰り返して、

スタイリストさん達と相談しながら完成したのがこちら。



 当日はあいにくの小雨ではございましたが、ヘアメイクも撮影もスタッフの皆様が全力でしてくださり、こんな風に仕上げていただけました。


 梅雨に向けてのヘアケアとして BLEN by dot. 様のホットペッパーとスタッフブログで他の写真も掲載していただいています。ご覧いただけたら嬉しいです。


 アットホームな雰囲気ですが、髪質をよく理解して長持ちするスタイリングをしてくださることと、細かなサービスが行き届いているところが大変魅力的なお店です。是非一度お試しあれ。


 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

現場で求められるもの

こんばんは。ナレーターの工藤茜です。 昨日のレッスンでナレーターの役割についてのお話があって。色々考えさせられたのですが。 一昨日から展示会でノベルティと交換で名刺情報のバーコードをいただくというよくあるコンパニオン業務を担当しています。これは非常に得意で初日からぶっちぎりの1位なんです。(今回偶々カウントしていただいてます) そこで、なぜ得意なのかを考えてみました。 出来上がったブースと実際の来

Comments


bottom of page